YAHOO!きっずを探検したい

こんにちは。インターネット大好き、ちゅうとくんです。

 

皆さんははじめてパソコンを使った頃、何をしていましたか?僕はなんとなくアニポケのキャラ紹介のページの記憶があるんですが、パソコンといえば、インターネットといえば、そう、

YAHOO!きっず

ですよね。

 

そんな僕もさすがに十数年使ってなかったのですっかり存在を忘れていたんですがテスト勉強をしている時にふと思い出して今どうなってるか気になってしまったので、テストも終わったことですしYAHOO!きっずを探検していこうと思います

 

f:id:tyuto_aotori:20230203205942j:image

 

YAHOO!きっずだ!!!!

 

まず目に付いたのは検索ランキング。今のパソコンくん達には何が人気なんだ?ということで見ると1位は「寿司打」。タイピングゲームですね。2位の「Popタイピング」も聞いたことないんですが似たようなものかな?そして3位が「スプラトゥーン3」。オタク非オタク問わずゲーム好きには人気のゲームですが、キッズにも人気らしい。やっぱりインクビュンビュン飛ばして駆け回るの面白そうですよね。それだけでやりたくなっちゃいます。もっと見るってボタンもありますがYAHOO!きっずはまだまだコンテンツがあるので先に一通り見てみましょう。

 

検索は普通の検索と画像検索の2モードがあるらしい。気になる言葉を入れてみよう。

f:id:tyuto_aotori:20230203211038j:image

f:id:tyuto_aotori:20230203211041p:image

 

感動〜!YAHOO!きっずさん、○○○出ないのね〜!

 

画像検索はこんな感じ。

f:id:tyuto_aotori:20230203211232j:image

 

ちなみにソフトキーボードということでかな入力とかをマウスでできる機能もあるのでローマ字分からなくても安心。

f:id:tyuto_aotori:20230203221652j:image

 

f:id:tyuto_aotori:20230203221741j:image

なんだこれ

f:id:tyuto_aotori:20230203221758j:image

タッチタイピング、出来ないんだよな

今の子達は寿司打で鍛えてるんだろうね

 

ホームページに戻って下の方に行くと今日は何の日みたいなのとかお勉強のページがあるらしいです

f:id:tyuto_aotori:20230203222019j:image

 

橋本環奈さん、誕生日おめでとうございます。

 

「インターネットって?」ってのがある

 

https://kids.yahoo.co.jp/study/integrated/information/inf001.html

 

見ます

 

f:id:tyuto_aotori:20230203222240p:image

基本のルールは今も昔も変わらないけど、できることがすごくイマドキって感じだ

 

色んな学習ページがある

 

https://kids.yahoo.co.jp/study/integrated/job/

 

お仕事についても学べるらしい。院進じゃなくて就活に今更切り替えようとしているので、ここらでお仕事について学ぼうかしら

 

f:id:tyuto_aotori:20230203222846j:image

 

働くって、どういうこと?のページの仕事の選び方の最後、YAHOO!きっずの学習ページとして完璧すぎる回答だ

僕もインターネットで社会について知ろう。

 

さて、またトップページに戻ってきて、今度は上の方にあった「ココカラ学園おさらいテスト」ってのをやってみる、ココロとカラダのことを学べるらしい(ココカラファインと同じココカラの使い方だ)。

 

f:id:tyuto_aotori:20230203223915j:image

 

ジェンダー教育もあるんだ、イマドキの教育はすごいなあ

 

f:id:tyuto_aotori:20230207114525j:image

 

f:id:tyuto_aotori:20230207114447j:image

 

お友達のお悩みを解決するクイズ。第二次性徴とかの保険の教科書的なのもあるけどココロの健康ってことで男の子は泣いちゃダメなの?みたいな話とかジェンダーアイデンティティの話とかも出てくる。

まあ小学校高学年って我々が思ってるほどキッズじゃないからね、自分のこと大人だと思ってる。(YouTubeポケカ動画とかで「小学生が作ったデッキ!」みたいな感じで黄色い帽子かぶってランラン歩いてるいらすとやの画像のサムネを出しておいて実際小6が作ったとかってなると、それは見くびりすぎだろ…ってなる)

これでちゃんと正しい知識を身につけるんだね。

 

復習テストみたいなのも受けられる

 

f:id:tyuto_aotori:20230207115157j:image

SOGI(ソジ)、知らなかった。勉強になるなあ

f:id:tyuto_aotori:20230207115254p:image

 

無事合格しました。

 

 

YAHOO!きっずといえば、ゲームもできる。ということで草むらから出てくるポケモンをクリックするゲームとペグソリティアで遊びました。面白い。(スクショ忘れた)

ソリティアって結構ムズいっすね

 

さて、それでは最後にきっず検索ランキングベスト20を見て終わりましょう。(2023/2/3時点)

 

f:id:tyuto_aotori:20230207115512j:image

最初に見たとおり、タイピング関連が多い。スマホ世代のキッズは調べ物はスマホGoogleとかでやって、パソコンはパソコンでしかできないことをするために使ってるのかな、パソコンくん、やね。

5,6位にあるScratchってのはゲームを作ったりプレイしたりできるサイトっぽい?

ゲームはスプラトゥーンとかポケモンとかマイクラが人気なんだね

10位、「鬼ごっこ」…?なんだこれは、なんでこんなに調べられてるんだ…(色んな鬼ごっこの遊び方とかを調べてるのかもしれない)

 

面白いなあ

 

ということで、まだまだコンテンツはあるみたいなんですけどこの辺で終わりにしておこうと思います。

YAHOO!きっず、変わらぬ安心感がありつつ時代の変化に合わせてアップデートもされてるようでした(そういえば我々の時代は環境問題とかのコンテンツがあった気がする)。今の子供たちってやっぱりスマホYouTube見てると思うんですけど、YAHOO!きっずもちゃんと立場がありそうで安心。子供の未来が、この国の未来ですからね。

 

それでは次回、仮面ライダー龍騎感想記事(書けたら)でお会いしましょう。

 

 

 

ピンクの本

(18歳未満の方はこの記事を読まないでください)

 

f:id:tyuto_aotori:20230131181009j:image

 

ブックオフみたいな店に行くと、ピンクの本が並んでるゾーンがある。そこを通る時我々は気まずい雰囲気で早々に通り過ぎることになる…なりますよね。

 

ピンクの本。

 

まあ、端的に言うとエロ漫画の類だと思われる。いわゆる、同人誌に対する存在の商業誌?

あの本って、どこにあるんだ??

 

普通に本屋に行く時って別にそういう本を求めていないので売っているところをほとんど見ない。

でもブックオフにあるってことは誰かが買って読んで売ってるってことだよな…

どこにあるんだ??

 

ということで本屋に行ってみます

 

巣鴨駅周辺

2件見ました。ないですね。

まあ巣鴨だし?

もしかしたら見つけづらい所に売ってるかもしれないんですがひとまず見つからなかったってことで。

 

の前に、

ここで気づいてしまう

 

秋葉原とかのオタク向け本屋に行けば、絶対あるんじゃない?」

 

そんな気しかしなくなってきたけど、普通の本屋にも多分あると思うんだよな

 

ってことで、オタク向け本屋は最終手段ということにして引き続き普通の本屋を探します

 

大塚駅周辺

豊島寮から見て巣鴨と逆側の最寄り駅、大塚。池袋の1駅前です。

駅ビルにも本屋がある。けど駅ビルの本屋には売ってませんでした。

ちょっと歩いたところにある小さめの本屋を見る。なし。官能小説っぽいのはあった

ブックオフもあったんですね。平均的なトレカコーナーがあってニッコリ…今回の目的はこれじゃないのでパス

最後に駅前に戻って駅前の本屋に行く。

 

あった…w

ホビー誌アニメ誌のコーナーの隣あたりにジャンプとかみたいなノリの月刊とかっぽい雑誌があって、奥に行ったらラノベコーナーのさらに奥にピンクピンクしたゾーンがあった、たぶんこっちは作者ごとの本だと思う、ということはジャンプでいう単行本?さすがに背表紙とか見てるだけで背徳感がヤバい。

 

買うか…?(ドクンドクン)

 

表紙で選んでもいいんだけど中身がエグ性癖のやつだったら萎えるので一旦外に出てリサーチをします

 

……とりあえず雑誌の方の特徴まとめみたいな記事を見て、エグそうなのを除外。

 

買うなら1冊でも2冊でも同じな気がしてきたな…

 

2冊買いました(ブログを言い訳にして、エロ本を買うな!!!)

 

めちゃくちゃ緊張した

ソワソワした

周囲の視線が気になった

 

本屋の店員はこういうソワソワする少年を何人も見てきたんだろうな

 

ってか冷静に考えて巻頭グラビアみたいなのがある普通の青年誌?ヤングジャンプみたいな、を買ったことないのにいきなりこれ買ってるのダメかもしれない。これだからオタクくんは…

 

f:id:tyuto_aotori:20230131175652j:image

さすがに表紙は載せちゃダメな気がするので載せません

COMIC快楽天ビースト 800円

comicアンスリウム 1070円

 

単行本買って違うだろ…ってなると怖いのでリスク分散のため雑誌。好みの作者がいたら単行本を買えばいいんじゃないか、という発想(とすると、もう1回本買いに行くのか…?)

背徳感デカすぎる

 

ということで今回の検証結果、本屋に行くとエロ漫画が売ってることもある。

 

本当は池袋とかも探す予定だったんだけど行く途中の大塚であっさり見つかっちゃったんで、あとは秋葉原に行ったら売ってるかを確かめに行きます

 

秋葉原

オタク向け本屋に単行本を探しに行きましょう。

 

オタク向け本屋、あんまり行かないんだよな

 

メロンブックス

はじめて来たな、池袋のは1回連れてかれたことがある気がする、あと秋葉原の受け取り館みたいなのは1回使った。けど本屋ゾーンははじめて。地下でした。階段が同人サークルのポスターみたいなのあってえっち。普通のマンガとかコミケ的な同人誌とかが売ってて、普通にドキドキする。(18禁の同人誌も買ったことない)

奥にピンクのコーナーがある。めちゃくちゃ多い…ジャンルでまとまってる所もあった

 

COMIC ZIN

交差点のところ。ここも入ったことない。こっちは店舗最上階の3階。めっちゃピンクだ…照明もなんか妖しげ

 

アニメイト

地下にあった。フロア半分が成人コミックコーナーで、もう半分が仕切りで区切られたスタッフスペース。見えないけど気まずい。けど僕もう成人なんで、キョドってる場合では無い。

 

あとオタク向け本屋ではないと思うけど書泉ブックタワーっていう電気街じゃない方にある縦にデカい本屋にも上から2番目くらいの階にめっちゃいっぱいピンクの本があった。

もちろんブックオフにも、あった。

 

ということで検証結果。一般的な本屋でもエロ漫画が買えるし、オタク向け本屋に行くとやっぱりある。以上。

 

いかがでしたか?みなさんも時々は普段買わないものを探してみてはいかがでしょうか。いや、別にエロ本を買えとは言ってないですが…

これどこに売ってるんだ?みたいなのを探すのって結構面白い。普段から発売日のコンビニでポケカ探してたりスーパーとかで食玩探してるからこういう探す楽しみみたいなのが趣味な気がするな

 

それでは今回の記事はこの辺で締めさせていただこうと思います。次回、「YAHOO!きっずを探検したい」でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

買った本を読んだ感想

エロでした。アンスリウム快楽天BEASTも性癖の中央値前後くらいの作品が多くてエグくなかったので良かったです。基本全部単発で楽しめる話が入っている(前の話の人間関係引き継いでそうなのもあるけど問題なく読める)ので毎月買う必要も無い(そうでなくとも、毎月買うもんじゃないだろ…)

絵柄もなんか変なムチムチみたいなのじゃなくて現代的なのが多く、ドキドキします

 

f:id:tyuto_aotori:20230206224740j:image

 

好みの作者がいたら単行本を買えばいい、と言ったとおり、単行本も買ってみました。(秋葉原メロブにて)

『この恋に気づいて』著者:だにまる 1265円

第6版らしい、相場が分かんないけど大人気なんだと思います。アンスリウムの最初ちょっとカラーページがあったあと普通の雑誌の紙に切り替わって一番最初に来ていた作品の作者なので、さすがに信頼出来るはず。

表紙も背表紙もピンクで、こんなんがいっぱい並んでるコーナーがあるんです。気まずいね。けど今回の記事を経て吹っ切れてしまった自分もいる。まあブックオフでは買いませんよ、"浄"か"不浄"かで言ったら不浄な本なので…買うなら新品。

めちゃくちゃ魅力的な絵柄だ。目が強い引力を持っている。透明感あるイラストも描けるようになってみたいけどこういうドキッとする絵も描けるようになれたら嬉しい。

中身一通り読みました。えっちだ…

80%くらいの確率で当たります。エッジだ…

急所に当たりました。これは…どっちだ…?

これも雑誌に載ったお話がまとまっている本なので様々な主人公が出てきます。女の子が"主"というか、Sっ気のある子が多い。でもSMという程ではなくて有り余る愛を性的な行動で表している、男側もそれに応える、的な。人によっては逆転地雷ですみたいなのもあると思うんで(僕は激しい逆転は嫌いです)見てもらわないとなんとも言えないんですが、男にターンが回ってきた時も女の子が嫌がることをやってない(男のターンはどの話でも回ってきてると思う)(僕は女の子じゃないので本当は嫌がってるかもしれない、けど男が読んで良いって言ってるならそれでいい。エロ本なので)、これもポイント高い。ラブラブ。純愛。これを超えるエロ漫画を買うようなことがあればその時は僕の人生は完全に終了していると思うのであんまりこれ以上買うべきではない。さすがに今後しばらくは買わないと思うんですが、1年後とかにふと性欲に頭を支配されて買ってしまう日があるかもしれない。人間なので。または、だにまる先生の新しい本が出た時。

僕の性癖を知りたい人はこれ買うと8割くらい分かると思います。

さて、大変お見苦しい記事でしたが、おまけ含めてこれで終わりです。買ったものについては、後悔してません。(公開してるけど、!?w)

 

ダメだ…普段エロの話をしないのでふざけないとバランスが取れない

f:id:tyuto_aotori:20230206232211j:image

おわり

 

人の下に立つことの気持ちよさについて

今回はあんまりオチとか意識してる回ではないです。お気持ちに近いけど別にお気持ちでもない、まあ今の僕のものの考え方みたいな話です。めっちゃ適当だし見切り発車です。

 

人の下に立つ、なんか変な表現ですね。

 

人の上に立つのって気持ちいいじゃないですか。努力、勝利、あるいは才能とか。

逆張りをするのも本質的には誰もわかってないことをやってその分野では自分の方が知っているみたいな精神的優位みたいなのもあるかもしれない。

まあでも順張りしても人は誰かに勝ちたいみたいな、本能があるんじゃないですかね、生き物だし。

 

でも、人の下にいるのもそれはそれで居心地が良い。

 

最近バイト始めて、もちろん最初は一番下っ端。全部わからないから、全部聞ける。

けど、気付いたらもうすぐ始めて半年になるらしい。

新人が次々入ってきているわけではない(由々しき事態)んだけど、前より任されることが増えたり、自分より仕事(または店の物の場所とか)をわかってない人と組むこともある。

 

いや〜困った。

困りますね。

 

自分が一番無知じゃない、わかってないといけない、やらないといけない。

めちゃくちゃ窮屈だ

時間的に2人しか入らないから一番知ってるか一番知らないかの2択しかないのも面倒。

 

マジで話逸れるんですけど銀行とか郵便局って営業時間ありえんくらい短いじゃないですか。

あれって夕方以降は客が少ないから採算を取るには人数を減らさないといけないけどちっちゃいお店と違って2人とかでやってたらセキュリティ的にやばいから閉めてるのかもってこの間思った。違うかも。

今調べたけど銀行は銀行法施行規則で決まってるらしい、なんで?

 

何の話だっけ、まあその、人より何かをわかっていないといけないというのは、窮屈だ、みたいなこと。

上に立つこと自体は気持ちいけどそれが自分の意思とは別に必要に駆られると嫌なのかも。

 

それに対して下でいることはとても楽だ。何もする必要がない。

そうとも限らないか、でも上の義務よりは楽でしょ

 

最近の下につくことの事例としては大学が対面になって本郷キャンパスに3,4年(と院生も)が集結するようになったというのもある。

オンラインの時から今の4年生の皆さんにはサークルの1つ上の先輩として仲良くしていただいて、皆さん大好きなんですけど対面となるといっぱいお話ができるのでめちゃくちゃ面白い。

適当なダジャレとか韻とかを言ってもむげに出来ない、これは先輩の義務とかじゃなくて先輩方が優しすぎるだけか…ともかく、皆さん優しいので居心地が良い。

 

冷静に考えて、中高吹奏楽部だったので男の先輩が結構少なかったからぽけっち男子部で集まるの新鮮な体験かもしれん。吹奏楽部の男って曲者しかいないのでね(ポケモンサークルもそうでは?)。あと兄とかもいないし。

 

人の上に立たないことは本当に楽で、ウマ娘でチャンピオンズミーティングのために頑張ることもしないしポケモン本編のランクバトルやポケモンユナイトのランクマッチに積極的に参加することもない。意志の欠如(will not)である。

意志を持って勝利を目指すのも楽しい。なんか頑張りたいゲームが見つかったら僕も頑張って上目指してると思う。ポケカの競技はどうだろう、ポケカって紙動かしてるだけで楽しいしカジュアル勢が多い土壌だから緩く長く楽しんでいきたい気持ちはあるけど大型大会の会場に行くと自分もプレイヤーとして有名な選手と本気で戦ってみたいなと思わないこともない。今はそこまで強い意志がないからジャッジとして楽しませてもらってる。ジャッジとしてのステップアップも徐々に考えていくことになりそうだけどこれは好きでやってるから全然いいかも。

 

お仕事の話と趣味の話をした、すごい記事だな

次は何、勉強?

 

いやまあ大学入って自分よりできる人の方が多くなって、最大限の努力をしなくなったかもしれない。

自分で考えて勉強するのが苦手なのもずっと学校という組織に従い続けてきた弊害かもしれない。でも従うのは楽じゃん。自分のペースで勉強して受からない大学ではやっていけんでしょうみたいな考えで受験勉強してたから上振れて東大現役合格して普通にやっていけんでしょうになってます。

 

まあいいや、最後、性癖について

 

!?

 

欲張りオタクなので、女性は美しくて可愛くて、強い人が素敵だと思っている。

青髪とか黒髪とか赤髪とかそういうのは2次元のキャラクターに落とし込んだときの表現の都合なので、実は重要ではないのかもしれない(記号として、青や黒は美しく、赤は強いみたいな傾向がある。ここ1~2年、赤髪がアツい、シャンクスとかじゃなくて。)

美しいとか可愛いとかは正直顔と髪で構成されてるのでここで語ることはないんですが、強い人が良いってのはそれこそ人の下につくことがどうみたいなことが関わってますよね。

 

や、上か下かだったら下の方が良くないですか?もちろん殴り合って負けたいわけじゃない(別に負けてもいいが…)し学歴で負けることもあんまりないと思ってるんですけど、そういうことじゃなくて力関係というか。

もちろん対等ではありたい、でも対等って全てで引き分けになることじゃなくて引き分けるところは引き分けて、勝つところで勝ったら今度は別のところで負ける、みたいな。総合的な力関係の話です。こっちが5の手を出したら相手は2の手を出すみたいなね

だから、心が強いとか感情がクソデカいみたいなのがいいと思います。感情の部分で時々支配してくれるような人間がいたら、面白いかもしれない、まあこれは実際にそういう人と出会ってみたら考えが変わるかもしれない。怖さと隣り合わせなので。もしこのマインドのまま大人になって結婚してたら「ああ、この奥さん家ではめっちゃ強いんだろうな」って思ってもらって大丈夫です。それかめちゃくちゃ顔がいいかの2択。

 

なんか、普通にそういう発想になるのとか勝負好きじゃないのとかって男性としてはめちゃくちゃ弱いんだろうな。多分検査したら男性ホルモン量とか平均より少ないと思う。嘘かも、普通に体毛は生えてるので。

 

あ〜でも、支配欲みたいなものは0ではないと思う、でっかいスイーツ食べると征服感を感じて気持ち良くなるので。まああと安全なマウンティングも好きだしね。最悪だ…

 

すっげ〜おまけなんだけど創作の男性キャラの好みみたいなのとして1つあるのは自信家やナルシストのイケメンみたいなのがある。または、その仮面を被っているのも良い。仮面ライダーマッハとかね。彼らは上とか下とかなくて、精神的に全員に勝ってる事になってるのがみていて痛快である。これは、なんなんだろう。僕も自分のことは大好きなので、シンパシーかもしれない(顔以外)(本当か???)

 

何の話だ?

書いてて思ったんだけど姫に対する王子様は支配をするイメージがない。(支配するのは王様キャラ?)そういうこと?僕は王子様にでもなりたいのか?

ぜって〜違ぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、違くないかも、イケメンになりたい、イケメンでありたい、キザな男になってみたい、美少女を差し置いてなりたいものランキング1位かも

 

f:id:tyuto_aotori:20221213162338j:image

 

最後に、CLで京都に行ったのでせっかくだから街をブラブラしてたら恋みくじがあったので引いた(八坂神社)

行動しないとダメらしい。

刺さった…(オタク)

自分のことすぎて泣いちゃった(オタク)

 

 

たのしいたのしい裏工作パルキアミラー

こんにちは。ちゅうとくん(@tyuto_aotori)です。

この度「裏工作パルキア」の完全同型ミラーセットを作ったので説明書的な感じの記事を書いていきます。何年後かに読む/読んでもらう可能性も意識して書きます。

ポケカのことを何もかも知らない/忘れた人は「ポケモンカードとは」の項から読んで一番下までいったら上に戻ってきてください。

 

 

裏工作パルキアとは

裏工作パルキアとは、ポケモンカードゲーム(ポケカ)で2022年にスタンダードレギュレーションで活躍したデッキタイプの1つで、オリジンパルキアVSTAR(S10P)をメインとし、特性「うらこうさく」を持つジメレオン、インテレオン(S1W)で補助をするデッキです。

動きの再現性、戦略の幅広さが魅力です。

 

レギュレーション

PJCS2022,WCS2022をベースに構築していますが、スペースジャグラー以降のレギュレーションマークDEFのスタンダードであればどれとでも言えます。

ルールは先攻1ターン目のドローあり、サポートなし、ワザなし、初手7枚、デッキは60枚、サイドは6枚です。「ポケモンのどうぐ」に関するルールは2022年当時のルールを適用します(グッズとして扱います。)

 

リスト ver.1.0(2022/12/2)

(実物写真)

f:id:tyuto_aotori:20221206002248j:image
f:id:tyuto_aotori:20221206002244j:image

(公式のデッキ構築機能より引用)
f:id:tyuto_aotori:20221206002252p:image

 

採用カードと使い方

オリジンパルキアV,VSTAR

f:id:tyuto_aotori:20221220004957j:image

デッキのメインアタッカー。ポケモンV,VSTARはともにきぜつするとサイドを2枚取られるルールを持つポケモン。オリジンパルキアVSTARはゲーム中1度だけ使えるVSTARパワーの特性「スターポータル」を持ち、これで水ポケモンにエネルギーをつけて戦います。

水エネルギー2個で使えるワザ「あくうのうねり」は、おたがいのベンチの数×20+素点60ダメージで最大260ダメージを出せます。パルキアVの「ハイドロブレイク」も状況を問わず200ダメージを出せるので時々使います。

 

メッソン、ジメレオン、インテレオン

f:id:tyuto_aotori:20221220005014j:image

2021~22年のポケモンカードを象徴するような進化ラインです。

メッソンはワザ「どんどんよぶ」で山札かられんげき(カード右上に「バトルスタイル」のマークがついているカードが存在し、それぞれのバトルスタイルでシナジーを発揮するデザインになっていた)のたねポケモン、このデッキではメッソンを3枚までベンチに出せます。後攻1ターン目の動きの保証といった感じです。

そこから進化するジメレオンとインテレオンは特性「うらこうさく」を持っており、進化した時にジメレオンは1枚、インテレオンは2枚、山札からトレーナーズを手札に加えられます。非常に強力なサーチ能力で、うらこうさくでどのカードを手札に加えるかという選択はこのゲームの「実力」の部分の面白さを担っています。インテレオンはワザ「アクアバレット」も優秀でスターポータルやキバナで起動してワザを使うシーンも多いです。

また、分岐としてれんげきのインテレオンも入っており、こちらは特性「クイックシューター」で毎ターンダメカンを2つずつ乗せることができます。

 

かがやくゲッコウガ

デッキに1枚しか入れられないというルールを持つ「かがやくポケモン」のカードです。

特性「かくしふだ」はエネルギーをトラッシュすると山札を2枚引ける効果で、スターポータルの準備のために水エネルギーをトラッシュに送る役割はもちろん、不足しがちな手札を毎ターン増やしていくことができる非常に強力なカードです。うらこうさくによるサーチに加えてかくしふだでのドローも合わさることでこのゲームに「引き」の面白さをもたらしてくれます。

ワザも強力で、相手2匹に90ダメージずつ与えられる「げっこうしゅりけん」を持っています。ベンチのメッソン(HP60)やジメレオン(HP90)を狙撃することで展開力を削ぎつつサイドを複数取り進めることができます。

f:id:tyuto_aotori:20221220005042j:image

 

マナフィ

特性「なみのヴェール」でベンチへのダメージを防ぐことができます。いわゆるメタカードの枠ですが先述の通りゲッコウガでメッソンやジメレオンが倒されると致命的なので確定枠として採用されます。

 

クロバットV

f:id:tyuto_aotori:20221220005057j:image

ポケモンのカードは最後ですが、こちらのクロバットVは国内の大会ではテンプレの確定枠という程ではありませんでした。効果としては出た時に手札が6枚になるように引ける特性「ナイトアセット」を持つサイド2枚のポケモンです。世界大会のリストをいくつか見ていたところ採用しているリストが複数あったことや、いわゆる「置き物」のサイド2枚のポケモンを入れることでミラーマッチの面白みを増すことを考えての採用です。(この辺の発想についてはWCS2010のガブレンミラーセットを持っている先輩が確定枠ではないがジーランスの打点に関わって面白いからアンノーンQを入れてるみたいな事を言ってたのを聞いたのが影響してたりします)

 

クイックボール、レベルボール、しんかのおこう

f:id:tyuto_aotori:20221220005113j:image

ここからグッズ。

汎用的なポケモンサーチカードです。クイボはたね、おこうは進化ポケモンを手札に加えられて、レベボはHP90以下を加えられるのでジメレオンもサーチ可能です。

 

ヒスイのヘビーボール

サイドを見てたねポケモンを1枚拾うことができます。

f:id:tyuto_aotori:20221220005127j:image

 

バトルVIPパス

最初の番にしか使えないグッズで、ベンチにたねポケモンを2匹出すことができます。ピン刺しですが後攻であればカイからサーチが可能です。

 

回収ネット

主にインテレオンラインやかがやくゲッコウガを回収して特性を使い回すことができます。バトル場のポケモンを対象にすることで実質的な入れ替え札にもなります。

f:id:tyuto_aotori:20221220005141j:image

 

クロススイッチャー

2枚同時に使うことで相手のベンチポケモンを呼び出しながら自分の入れ替えも行えます。うらこうさくやカイでサーチすることで2枚は案外簡単に揃えられます。

もちろんグッズなのでこれを使いながら他のサポートを使うことも可能です。

 

たっぷりバケツ

山札から水エネルギーを2枚手札に加えられます。1枚が2枚になるのは強いです。手札からつける分とかくしふだのコストにする分が用意できます。

 

ふしぎなアメ

メッソンをインテレオンに進化させることができます。2ターン目にアクアバレットを使う選択肢がとれる他、うらこうさくの2枚サーチを使うタイミングを調整できたりもします。

f:id:tyuto_aotori:20221220005219j:image

 

やまびこホーン

相手のトラッシュのたねポケモンをベンチに呼び出せます。これをケアすることもミラーマッチでは大事になります。

 

こだわりベルト、大きなおまもり

f:id:tyuto_aotori:20221220005234j:image

ポケモンのどうぐ(グッズ)で、それぞれポケモンVへの打点/最大HPを30上げるカードです。

 

カイ

ここからサポートです。水ポケモンとグッズを1枚ずつ手札に加えられます。確実なサーチ能力が魅力です。

f:id:tyuto_aotori:20221220005247j:image

 

マリィ

状況を問わず使える手札干渉札であり、自身も手札をトラッシュすることなく5枚引くことができます。ルール上お互いの手札が山札の下に戻せない時は使用の宣言ができません、注意しましょう。

 

メロン

ポケモンV(VSTAR含む)にトラッシュの水エネルギーをつけて、3枚ドローできます。スターポータルを温存したい序盤やエネルギーが減ってきた中終盤などに使えます。

f:id:tyuto_aotori:20221220005300j:image

 

キバナ

こちらは前の番に自分のポケモンがきぜつしていたらトラッシュから基本エネルギーを1枚つけられ、さらに好きなカードを山札からサーチできます。メロンと違って非Vのインテレオンやかがやくゲッコウガにもつけられます。

 

ツツジ

この環境で最もよく使われる逆転のための手札干渉札です。相手のサイドが3枚以下の時だけ使えて、自分は6枚、相手は2枚、引き直すという効果です。

f:id:tyuto_aotori:20221220005324j:image

 

ダンデ

打点+30です。これもテンプレの確定枠ではないのですが、やはり面白いカードなので採用しています。

 

ボスの指令

この環境の定番の呼び出し手段ですが、クロススイッチャーを採用しているため1枚のみの採用です。

 

頂への雪道

超強力な妨害スタジアムです。ポケモンVやかがやくポケモンの特性をなくすため、いかに自分は影響を受けずに相手に妨害を押し付けられるかが重要になります。

f:id:tyuto_aotori:20221220005338j:image

 

レーニングコート

リソース管理に役立つスタジアムです。トラッシュから回収したエネルギーをかくしふだのコストにすることもできます。

 

基本水エネルギー

確定枠。

f:id:tyuto_aotori:20221220005353j:image

 

キャプチャーエネルギー

無色1個分の特殊エネルギーで、つけた時にベンチに空きがあれば山札からたねポケモンを出せます。ワザに無色要求がないパルキアにつけると勿体ないので他のポケモンにつけるとグッド。

 

調整用カード

入れなかったけど本当はあった方が面白いかもしれないカードを挙げます

博士の研究

サポートです。手札を全部捨てて7枚ドローします。

 

ハイパーボール

グッズです。手札を2枚捨てると好きなポケモンを持ってこれます。

 

ともだちてちょう

グッズです。トラッシュのサポートを2枚山札に戻せます。

 

ふつうのつりざお

グッズです。トラッシュのポケモンと基本エネルギーを2枚ずつ山札に戻せます。

 

セイボリー

サポートです。3枚引いて、相手のベンチを3匹になるまでトラッシュさせる効果です。裏工作軸のデッキに対してめちゃくちゃ効くので今は入れてないですがクロバットをトラッシュされるみたいなこともあるので入れてもいいかも。

 

各種採用カードの○枚目

オリジンパルキアV、クイックボール、レベルボール、しんかのおこう、カイ、キャプチャーエネルギーなど、増やしたいカードは多いです。

 

裏工作パルキアミラーの妙味

2022年の僕は妙味を語れるほど競技ポケカに取り組んでいた訳では無いですが浅〜い語りとして妙味をいくつか挙げます

①ベンチの展開が自分の打点になり、相手の打点にもなる

メッソンなどを並べると強いという性質がパルキアのワザと噛み合っているのですがミラーだと相手の打点も同じだけ上がるので要注意です。

②絶妙な最大打点「260」

あくうのうねりの最大打点は両者フル展開時の260。オリジンパルキアVSTARのHPは280なのでこだわりベルトやダンデなどを使うタイミングが鍵になります。

③サイド1枚アタッカーの有効活用

システムポケモンでありながらかなり戦えるインテレオンやかがやくゲッコウガを上手に使う/相手に上手に使わせないことが大事になります。

④ベンチに何を置くか

意外とベンチ枠は狭いのでマナフィを置くべきか、クロバットVを使っていいか、メッソンは何匹並べるか、など考えるのが面白いです。

 

細かいルール

このデッキで起こるちょっと細かいルールの補足です。

・テキスト中の「ポケモンV」とは、カード名にVやVSTAR(、VMAX、V-UNION)を含みVルールやVSTARルールなどを持つポケモン。「〜〜V」で終わっていないVSTARも含まれます。

・「次の自分の番、このポケモンはワザを使えない。」などワザの効果は、ベンチに戻ったり進化したりするとなくなります。例えば、オリジンパルキアVが「ハイドロブレイク」を使った次の番にクロススイッチャーを使ったり相手の番にボスの指令を使われたりしてベンチに戻った後バトル場のポケモンが逃げるなどして再びパルキアがバトル場に出たら、ワザは使えます。VSTARに進化した時も使えます。

・「ダメカンをのせる」という効果はダメージではない。ので、ダメージを受けない効果で防ぐことはできず、ダメージをプラスする効果で増やすこともできません。

・カードの効果で何も起こらないことが明らかな場合は使用できない。例えば、山札がない時に山札からカードを持ってくる効果や、ベンチが埋まっている時にベンチにポケモンを出す効果(キャプチャーエネルギーやバトルVIPパス)。ただし、ワザであればエネルギーがついているなら宣言自体は可能。

・「A。その後、B」というテキストのカードは「A」が実行可能な時にしか使用できない。また、「A」が実行できた時にしか「B」の効果は使用できない。「B」の効果が使えない時でも「A」ができるならカードは使える。(メロンはトラッシュから水エネルギーをポケモンVにつけられる時にしか使えない、など)

・山札からカードを持ってくる効果は、「好きなカードを1枚」などと書いている場合は必ず1枚手札に加えなければならない。「ポケモンを1枚」「トレーナーズを1枚」「水エネルギーを1枚」などと書いている場合は1枚持ってきても良いし、0枚でも良い。2枚指定の時に1枚持ってきても良い。同様にサイドについても(2022年現在は)持ってこないことができる。

 

注意事項

と言っても別に注意することはないんですが長く使いたいのでカードやデッキシールドが折れないように注意して欲しいなという感じです。使い終わったら60枚あるか数えましょう。

シャカパチは僕が見ているところなら良いです(過剰だった時に指摘できるので)。

オーバースリーブに傷がついてきてるなと思ったら言ってください、取り替えます。

 

 

ここからはポケモンカードのことを知らない/忘れた人がこの記事を読むために必要な情報を書いていきます

 

ポケモンカードとは

ポケモンカードとは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの世界をカードゲームで再現した2人用のトレーディングカードゲームです。1996年にスタートした初の国産TCGとも言われています。

この記事ではポケモンカードゲーム ソード&シールドシリーズ(2019~2022)のデッキを取り扱っています。

 

ポケモンカードのルール

2人のプレイヤーが交互に番を行い、ポケモンをきぜつさせる(倒す)ことで取れる「サイド」を先に6枚取り切った方が勝ち、というのが基本ルールです。

 

バトルで使用する60枚のカードの束のことをデッキといい、デッキの中には場に出してワザを使う「ポケモン」、ワザを使うためにポケモンにつける「エネルギー」、様々な効果でバトルを有利に進めるための「トレーナーズ」のカードが入っています。

f:id:tyuto_aotori:20221220005415j:image

 

対戦準備

あいさつと握手をします。

ジャンケンなどで勝った方が先攻後攻を選びます。

デッキをよくシャッフルして山札として(盤面の手前半分が自分のエリアで、その右上に)置きます。

そこから7枚引いて「手札」とします。手札は相手には見せません。

左上に「たね」と書いてあるポケモンのカードが直接場に出せるカードなので、たねポケモンのカードが手札にあるなら1枚選んでバトル場(盤面の中央)にウラにして置きます。手札に他にたねポケモンがいるならベンチ(バトル場より手前にある控えのポケモンを5匹まで置くゾーン)にウラにして置いても構いません。

引いた7枚の中にたねポケモンがいなければ手札のオモテを相手に見せてもう一度シャッフルし直して7枚引き直します。こうして引き直した回数が相手より多ければ、(サイドを置いた後に)その多かった回数分まで相手はカードを引けます。

たねポケモンをお互いに置いたら、盤面の左側に、山札の上から6枚をオモテを見ずに置きます。これを「サイド」と呼び、ポケモンをきぜつさせた時にご褒美としてとることができます。

ダメージを数える用のダメージカウンター(ダメカン)やマーカーも用意しましょう。VSTARパワーを使ったかどうかを示すためのVSTARマーカーは盤面の見えるところに置きます。

これで準備完了です。お互いに伏せているポケモンのカードをオモテにしてバトルスタートします。

 

↓カードの配置が描かれたプレイマットの写真

f:id:tyuto_aotori:20221220005452j:image

 

番の流れ

番のはじめに、山札を1枚引き手札に加えます。(番のはじめに引けなかったら負けです。)

 

番の中で自由にできることが次の行為です。これらはどの順番でやっても良いです。

  • 手札からベンチにたねポケモンを出す
  • ポケモンを進化させる(最初の番と、出したばかりの番のポケモンはできません)
  • 手札からエネルギーを1枚、場のポケモンにつける(1回の番に1枚だけ)
  • トレーナーズを使う(グッズは何度でも、サポートは1回の番に1枚、スタジアムも1回の番に1枚)(サポートは先攻の最初の番は使えない)
  • ポケモンの特性を使う(特性はワザとは別にポケモンが持つ能力で、常にはたらくものと、場にある時や出した時に宣言して使うものがあります。)
  • 「にげる」ためのエネルギーをトラッシュしてバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える(1回の番に1回。他のカードの効果で入れ替えるのとは別カウント。)

 

番の終わりに、バトルポケモンのワザを1つ使えます。技をつかうためにはワザ名の横に書いてあるマークの分だけエネルギーがついている必要があります。白いマークは無色(どのエネルギーでも良い)で、他は対応した色のエネルギーが必要です。

ワザを使わない、使えないときは番を終えることを相手に伝えると番が終わります。

先攻の最初の番はワザが使えません。

 

番と番の間にポケモンチェックというものがありここでどくややけどのダメージを乗せたりするのですが、割愛。

 

次の相手の番が始まり、これを交互に繰り返します。

 

ワザとダメージについて

ワザを使って相手のポケモンにダメージを与えることができます。ワザ名の右側や説明文にしたがってダメージを計算して、与えるダメージと同じ数のダメージカウンター(ダメカン)をダメージを受けたポケモンの上に置きます。ダメカン1個は10ダメージを表します。必要に応じて50や100のカウンター(やサイコロ)で両替(?)しても良いです。

 

ワザや特性の効果を使用したのち、受けたダメージがポケモンの右上に書かれた最大HPの値以上になったらそのポケモンは「きぜつ」します。きぜつしたポケモンはついている全てのカードとともにトラッシュに置かれ、ポケモンをきぜつさせたプレイヤーはご褒美として自身のサイドからカードを1匹につき1枚(カードに「相手はサイドを2枚とる。」などというルールが書かれているなら、2枚)取って手札に加えます。どこから取っても良いですが取るまではオモテを見ません。

 

こうして6枚のサイドを取り切ることが勝利条件です。(相手が番のはじめに山札から1枚引けなくなった場合も、勝利となります。)

 

おわりです

対戦をしましょう。

【検証】歯磨き粉を冷やしたら美味しいのか?

こんにちは。ちゅうとくんです。

 

皆さんは歯科医院は好きですか?僕は嫌いです。

ちょっと適当に生きてただけで虫歯になり、一度治療しただけでは直らない。というかアレ根本的な解決じゃないしもっと世界の叡智を集めて安価で根本的な虫歯解決策を講じて欲しいものです(やってるんだろうけど)。

痛いから行きたくないみたいな話じゃなくて、虫歯の理不尽さが嫌いです。

 

それは別にどうでもいいんですが、虫歯対策に欠かせない「歯磨き粉」。これに関してこんな言説がありますよね。

 

「チョコミントって歯磨き粉の味じゃん」

 

これ、歯磨き粉側じゃなくてチョコミント側から導入を書いた方が良かったですよね。

 

皆さんはチョコミントは好きですか?僕は好きです。

清涼感があるし大体の場合チョコが薄くてパリパリしているのが嬉しいです。

 

そんなチョコミントに関してこんな言説がありますよね。

 

「チョコミントって歯磨き粉の味じゃん」

 

 

f:id:tyuto_aotori:20221018012626j:image

 

口に入れて気持ちがいいから、歯磨き粉はミントなんだろ…

 

とはいえ、チョコミント肯定派の僕でもこれは違くね?となったことがありました。

それは、数年前にファミマかどこかで売っていたチョコミント味のパンケーキ的なスイーツ。記憶が違うかもしれないですけど確か生地がミントで中にチョコミント的なクリームが挟まってたと思います。アレはなんか違うなってなりました。

たぶん、常温に近かったからです。

 

常温に近いチョコミントは微妙 が真ならば

美味しいチョコミントは冷えている ということになります。

 

ここで、チョコミントは歯磨き粉の味がするとすると、冷えた歯磨き粉は美味しいのでは?というトンデモ命題が出現します。

 

ということで買ってきたのはコチラ。

f:id:tyuto_aotori:20221018013445j:image

クリアミントの歯磨き粉です。

 

これを、先月*1買った冷蔵庫に入れます。

 

……

 

 

歯磨き粉って意外としぶとくないですか???

 

せっかく新しい歯磨き粉を冷やしているというのに無くなりそうだな〜と思っていた歯磨き粉が意外と長く持ち、新しい歯磨き粉は3週間くらい冷蔵庫に放置されることになってしまいました。

 

さて、前の歯磨き粉を無事に使い切ったところで

満を持して冷えた歯磨き粉を使います。

 

(チューブから歯ブラシに出す)

冷えてるぶんちょっと固いかも

 

(口に入れる)

 

まあ普通にちょっと冷たいが…

 

すぐに常温になってあんまり面白くない

 

味は普通にミントです

 

……

 

…!

 

これ、口に氷入れて冷たくしながら歯を磨いたら良いんじゃない!?!?

 

ということで、翌日に続く。

 

      〜翌日〜

 

(噛み砕いた氷を口に含んで、そのまま歯を磨く)

 

うーん

 

ミントの味がめちゃくちゃ薄まってる

 

冷たいし気持ちいいは気持ちいいけど、ちょっとバランス違かったかも

 

    〜さらに翌日〜

 

(氷を少し減らす)

 

うーん

 

よくわかんない

 

【結論】

歯磨き粉は冷やしてもそんなに劇的に美味しくなるわけではない

 

歯磨き粉は普通に使いましょう。冷やしても仕方ないので。

歯科だけに。

 

 

 

……は?

 

 

 

 

 

おわり

 

この記事、6/20の時点で原案があってちょうど歯磨き粉がなくなりそうになった10月くらいに書き始めたんですが書き切って投稿するの12月になっちゃいました。今は普通に常温で歯磨き粉使ってます。

 

 

*1:執筆当時

藤原竜也のカイジが見たい

どいつもこいつも狂ってやがる!どうも、ちゅうとくんです。

 

皆さんは「カイジ」を知っていますか?クズで底辺の青年、カイジがギャンブルでなんやかんやする漫画です。藤原竜也氏の主演で実写映画化もされ、非常に人気が高いですね。

 

そう、藤原竜也カイジってめちゃくちゃ人気じゃないですか。モノマネもされるくらい。めちゃくちゃ知ってるはずなんだけど、本物は大昔にテレビでやってた時に一部分だけ見たことがあるだけ。勿体ない。今ならAmazonプライムビデオで見ることができる、ということで映画「カイジ」3作を全部見ました。

 

感想記事というほどでもないんですけど、書いていきます。

⚠️ネタバレを多分に含むのでご注意ください

 

カイジ 人生逆転ゲーム

映画第1作。借金を負ったカイジが人生逆転を賭けてデカい船に乗る。

限定ジャンケン

地下労働

キンキンに冷えてやがる

ほっそい橋を渡る

Eカード

蛇でいてくれて、ありがとう

辺りが登場する。

 

原作もあんまり知らないなあと思ってたんだけど見てたらコレ高3か大1の時にマンガ読んでたなってなった。橋を渡るシーンの透明な道とかジャンケン終盤の裏切りとか耳切るやつとかあったと思うんだけど省略されてた。まぁ2時間の映画単品としては問題ない。

モノマネのイメージ通りの名シーンが出てきて面白かったです。映画だからヒロインがいた方がいいという判断なのか天海祐希がいい感じのポジションになっていたなあと思いました。本職の山本太郎も面白かった。めちゃくちゃまとまりが良くてオチも良かったですね。なんか昔見た時の記憶で女の人に最後にお金ほとんど持ってかれるみたいなのは覚えてたんですよね。

あとエグゼイドの作さんがいた

 

カイジ2 人生奪回ゲーム

映画第2作。なんやかんやあってまたギャンブルをする。

今回は地上に一時的に出てきてめちゃくちゃお金を増やしたいカイジが沼というパチンコに挑む。

 

これもマンガ見たなあという感じだけどうおおおおおおおおおって感じで押し切った

どいつもこいつも狂ってやがる、が出てきた。2もヒロインポジがいて、今回は吉高由里子

最後のオチがとても良かった。利根川とEカードやって爆発オチになっておもしろって思ったら更にひとひねりあるのが良い。

 

カイジ ファイナルゲーム

時系列的にだいぶ後ですよね。これはオリジナルエピソード?カイジが機転を効かせてギャンブルに勝つみたいな様式美とはちょっと違うんだけど色々準備したり賭けに出たりして最後に勝つ、みたいな感じは映画として見たら楽しいだろうなって感じがした。楽しかった。

全体的に、藤原竜也カイジが見たい人が藤原竜也カイジが見たい人のために作った映画って感じで名ゼリフ名シーンのオマージュ(再現)とかがあって過去作のキャラの再登場があるのもファイナルって感じで良かったです。

結局最後またカイジはお金を手にできないのとかやりたいことちゃんとやってんなって感じですね。なんかでも(勧善)懲悪みたいな雰囲気はこれでいいの?みたいな感じはしますね。

あと、過酷なギャンブルをしてるみたいなセリフが出てきて頭ヤンクミになった

 

3作を見て

最初の人生逆転ゲームが王道で名シーンの元ネタって感じでいちばんオススメです。まぁそんなに長くないし全部見ていいと思う。

 

 

 

相手の記事を読もうと必死に考えるつもりが、気が付けば自分だったらどうする?と考えている。つまり、俺がカイジを見てるように見えたなら、お前こそがカイジを見てるんだ!

 

カイジを見てくれて、ありがとう…!